ニューイヤー駅伝

I月 I日
群馬県庁 9:15スタート
ゴール群馬県庁
全国実業団駅伝1/1にスタートする。
日本わ代表する選手が揃う箱根駅伝の大学を卒業した選手達が実家団に所属
日本の駅伝は元旦からスタート
服部勇馬選手
東京オリンピック代表
MGCオリンピックマラソン選考レース2位
トヨタ自動車所属

中村匠吾選手
東京オリンピック代表選手
MGCオリンピックマラソン選考レース優勝
富士通は予選会落選のため出場しない。
前回2019年優勝 旭化成
四連覇なるか⁉️
市田兄弟双子 鹿児島実業高校
箱根駅伝でも活躍 市田兄弟を応援しています!
旭化成には宗兄弟(総監督・顧問)
村山兄弟と双子ちゃんが揃う

《注目選手》
設楽 悠太(28)【Honda】
マラソングランドチャンピオンシップ 14位
男子マラソン前日本記録保持者で、褒賞金1億円を獲得し話題に
前回ニューイヤーは直前の体調不良で欠場

東京オリンピック代表
✳︎服部勇馬 26才トヨタ自動車がオリンピックに向けて新年初出走です。

井上 大仁(26)【MHPS】
マラソングランドチャンピオンシップ 27位
2018年アジア大会で、日本人としては32年ぶりとなる金メダルを獲得
ニューイヤー駅伝は16年デビュー以降全て4区を走り、3位・3位・2位・1位と抜群の安定感

田村 和希(24)【住友電工】
青山学院大学時代、箱根駅伝4連覇全てに出場した唯一の選手

田村 友佑(21)【黒崎播磨】
田村和希の弟で、黒崎播磨の若きエース
今年は世界クロカン日本代表に選出
九州予選では旭化成などを抑え1区で区間新記録を樹立

服部 弾馬(24)【トーエネック】
2018年日本選手権5000m優勝、2019年日本選手権5000m3位
2018年ニューイヤー駅伝デビュー、1区を走り区間2位の快走
東京五輪マラソン代表内定を決めた服部勇馬の弟

今井 正人(35)【トヨタ自動車九州】
マラソングランドチャンピオンシップ 25位
順天堂大学時代にチームを優勝に導き、「元祖・山の神」として一世を風靡
2010年以降10年連続(11回)ニューイヤーに出場し、全て区間3位内という「駅伝の申し子」

日本陸上競技連盟 https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1403/

いよいよ2020年オリンピック!目指すために頑張ってきた選手達に心からのエールを‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です