令和 新たな時代へ…一般参賀

書家 石飛博光氏の書

銀座は日の丸🎌が街灯に掲げられています。御祝いを大切にする銀座の文化、祝日は必ず日の丸が掲げられています。祝祭日この日はほとんどが天皇陛下が宮中で祭祀を行う日でした。

一番大切な新嘗祭(弥生時代から行われてきた宮中行事で、天皇が国民を代表し、五穀豊穣、豊作を祝る)神に感謝を捧げる日としてすごく大事な日です。11/23勤労感謝の日と変わりました。

家々でも日の丸を掲げているを見かけましたが昨今は少なくなりました。日本の祝祭日を大切に思われて来たのです。

令和元年 5月4日 新天皇 奉祝

一般参賀1948年(昭和23年)昭和天皇から開催されている皇室行事毎年、1月2日と天皇誕生日2月23日に行われます。

長和殿ベランダにて天皇陛下、皇族方

参内した国民に天皇がお言葉を述べられました。皇居正門へ東京駅まで人の列が続いた14万人以上発表されました。

9時半の受付から並び13:00にやっと参内出来たとの事で列に並ばれても入れない方々が多かったとの事でした。日本全国からこれほどまでに…

天皇陛下への思い…

国の安寧、国民の幸せを祈る祭祀 として初代神武天皇より2700年の歴史 現人神として祈り続けて下さる。日本の象徴として🇯🇵日本人の内なるもの、原点「天皇制」の国家に天皇陛下に多くの方々が感謝し誇り高い尊敬の念を抱きながら新天皇の御祝いに心を寄せて…。

1022日には天皇即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が開かれ、新天皇、新皇后両陛下が各国要人と対面する。この日には両陛下がパレードする「祝賀御列(おんれつ)の儀」も予定され、両陛下を乗せたトヨタの最高級車「センチュリー」のオープンカーが公道を走る。

是非、沿道に出て御祝いをしたいと思っています。また日本中からどれほどの方が集まるのか…一緒に日の丸の旗を揚げて御祝いしたい思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です