京橋・日本橋アートアンティーク展にて。

沢山の小さな画廊や古美術店がありアートアンティークイベントとして参加されています。戦後に美術店が密集したと言われていますが歴史的にも美術にも深い地であったと感じます。画廊に気軽に入れお目当ての美術品を探せるのではないかと思います。

京橋の歴史

京橋川の水路を利用した「竹河岸」

京橋の北詰から東側にかけての河岸には、多くの竹商人が住み、商いをする「竹河岸」が設けられていた。歌川広重の錦絵では、京橋を渡る人々と沢山の長い青竹が林立する竹河岸が見える。

歌川広重住居跡 浮世絵師

京橋 歌川広重

現在はブリジストンビル美術館が建設中のため、この表示のみとなっています。

安藤広重住居跡
所在地 中央区京橋一
浮世絵師安藤(歌川)広重(一七九七~一八五八)が、嘉永二年(一八四九)から死去までのおよそ十年間を過ごした住居跡です。
広重は、幕府の定火消同心安藤源右衛門の長男として、八重洲河岸(千代田区丸の内二丁目)に生まれ、家職のかたわらで歌川豊広の門人となりました。「東海道五拾三次」以来、風景画家として著名になり、江戸についても、「東都名所」、「江戸近郊八景之図」、「名所江戸百景」等を遺しています。特に、「名所江戸百景」はこの地での代表作です。
住居は、幕府の奥絵師(御用絵師)狩野四家のうち、中橋狩野屋敷の裏門外にあり、二階建ての独立家屋であったといいます。
平成七年三月
中央区教育委員会

この地に…

骨董通りに桃六 150年続く老舗和菓子屋さん

放浪記の森光子さんが愛したお店どら焼き放浪記2017回を記念して作られたどら焼き

いちご大福、柏餅、季節のお菓子もとても美味しいです。茶飯弁当も🍱愛されている。

可愛らしい親切な女将に伺いました。ケヤキの桃太郎の看板は震災など様々な災難にも守り抜いたと看板との言われがご先祖様に感謝と申されていました。色があったそうですが…守られてきた歴史ある看板は重みがあります。

〇創業年 明治2年創業 / 1872年創業
〇営業時間
9:0018:30
日曜日 定休日
〇住所
東京都中央区京橋2-9-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です