金春色とは

金春色

銘板の色は「金春色、新橋色」言われ明治末から大正期に新橋芸者から流行した色、

平成の終わり時代が移りゆく中、現在でも「ゆりかもめ」のテーマカラーにもなっている。

私もこの色に惹かれ金春色の着物を着る。

どんな時代であったのだろうか、華やかな芸者衆の声が聞こえてくるような気がして…。

今日もこの通りを歩く。

 

 

銀座花会

金春色とは” への1件のフィードバック

  1. とても爽やかで綺麗なお色ですね‼️
    ゆりかもめのテーマカラーとは初耳です。今度電車に乗るときに周りをチェックしてみます✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です