金春通りとは

金春通り

江戸時代の香りが残る最後の砦と言われる通り、江戸時代より続くお店も現存しています。凄い!

しかし

以前は暗い通り…思っていたくらいでした。

華やかな中央通り(銀座通り〕を一歩入る路地はまるで違う世界、呉服屋さんを覗くくらいの通り、

ウインドーに飾ってある着物が目にとまる。

さすがに銀座、四季折々の気品あふれる品ばかり、一枚の着物にストーリーがあり美術品と思う。

いまは無きこの通りの呉服屋さんでお世話になっていた。

以前は高価な着物ばかり、それを着る事がお客様へのマナーだと教えられてきました。

銀座は着物の女性が多く、華やかだと良く言われますが、背伸びをして購入したものでした。

今や日常では無い着物姿の女性は日本女性ならではの美しさを表現出来る最高の文化です。

そして何故この通りはお祭りがあるのか?提灯に祭囃子が聞こえてくる夏、銀座の一歩中通りに歴史あり、想いを巡らせる事になりました。

お能の歴史ある流派の一つでもある金春流、

拝領屋敷があった由来から…

数多くの語源は金春流から…

金春芸者

金春稲荷

金春湯

金春色と「こんぱる」その一つ一つ私の勝手な思いでご案内をさせていただきたいと思います。

銀座花会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です